関西で暮らすなら関西アーバン銀行を利用しよう

関西アーバン銀行とは

旅行や引越しなどでいつも生活している地域とは別のところへ出かけた時に、その土地での文化の違いに驚いた経験はありませんか。最近ではテレビでそれぞれの地域に根付いている習慣や風習を紹介する内容の番組を放送したりしています。いつも食べている食品が実はその地域だけで食べられているものだった、昔からの馴染みのスーパーは全国区ではなく地元でしか営業されていなかった、というようにその土地を離れたり客観的に見たときに初めて気づくことがたくさんあります。

その文化の特徴が強く表れている地域の一つに関西地域が上げられます。関西地域は関西弁から始まり、たこ焼きやお好み焼きなどの食文化、常にお笑い番組が放送されていたり値切りの文化があるなど賑やかで活気のある印象がありますよね。関西地域の中でも特に大阪府は面白い文化がたくさんあり、その様子が旅行のガイドブックなどでも特集されていたりテレビ番組で取り上げられていることが多くあります。大阪府は文化に触れる楽しみだけではなく、通天閣や大阪城、道頓堀に海遊館と観光地も多いので大阪府に出かける人は多いでしょう。

そんな大阪府に本店を構えているのが「関西アーバン銀行」です。関西アーバン銀行は第二地方銀行で、1922年(大正11年)に創業した歴史のある銀行です。創業時は京都府に本店がありましたが、その後大阪府に移転し1989年(平成元年)には関西銀行という名称になりました。そして、2004年(平成16年)に幸福銀行の営業を譲り受けた関西さわやか銀行と関西銀行が合併し、関西アーバン銀行という名称になりました。

そのあとの2010年には滋賀県を営業範囲としているびわこ銀行とも合併をしました。そのため、総資産額は大阪府内の地方銀行・第二地方銀行で第二位という規模の大きさです。三井住友銀行が主要株主の半分以上を占めており、関西アーバン銀行は三井住友銀行の子会社になっています。