銀行業界のパイオニア、西京銀行とは?

西京銀行のこれからに期待

西京銀行と言えば、インターネット支店「ウェブ一丁目支店」など、さまざまな取り組みが行われていますが、物足りない部分を挙げてみると、1つはその「インターネットバンキング」機能ではないかと思います。インターネットバンキングと言えば最近どの銀行でも取り入れているサービスの1つですが、西京銀行でも平成22年12月から取り入れています。

そのインターネットバンキング、西京銀行の場合は携帯電話とパソコンを経由して行えるのですが、定期預金の申し込みなどができないのです。ただし、西京銀行の場合はウェブ一丁目支店を経由すれば同等のサービスが利用できるのですが、残念なことに定期預金の申し込みはウェブ一丁目支店から行えず、定期預金は基本的に店舗窓口から申し込むようになっています。この部分、今の時代では少々物足りない部分と言えます。

あと、インターネットバンキングでは個人情報の変更がパソコン経由でしかできません。個人情報の漏えいを防止する策の一環かもしれませんが、店舗に出向いて手続きができない人にとっては非常に不十分な対応です。またインターネットバンキングがスマートフォンに対応できていないので、非常にもったいない部分です。

その他、西京銀行ではライバルに先んじるばかりに、後発の銀行(山口銀行や福岡銀行など)が西京銀行を超えるサービスや金利を打ち出してくることもしばしばあります。それに対抗してさらにサービスを向上させる、そのレスポンスが少々遅いようにも感じます。先駆者ゆえの悩みと言ってしまえば仕方ないのですが、もう少し頑張ってみて欲しい気持ちになります。