銀行業界のパイオニア、西京銀行とは?

西京銀行のライバル銀行とは

西京銀行の最大のライバルといえば、同じ山口県に本拠地を置く山口銀行、そして岩国地域などでは広島県に本拠地を置く第二地方銀行であるもみじ銀行がライバルと言えるでしょう。これらのライバル銀行の共通点と言えば、山口銀行ともみじ銀行は同じ金融持ち株会社(山口フィナンシャルグループ)に属しているということです。

実際のところ、山口銀行をはじめとする山口フィナンシャルグループには資産額も店舗数も顧客数も、太刀打ちできないのが西京銀行の現実です。ですが、インターネットバンキングの導入や機能強化などを図り、激しい顧客獲得競争を繰り広げています。

実際、山口銀行が下関市に本拠地を置いているのに対し、西京銀行は周南市(旧徳山市)に本拠地を置いているので、もともと直接のライバル対決がなく、お互いに地域ごとに住み分けして営業をしていたというのが現実です。もともと山口県は「周防」「長門」と言う2つの国に分かれていたので、それぞれの国ごとに住み分けて営業していたわけなのです。

その住み分けがもみじ銀行の立ち位置の変化で変わりました。山口県岩国市エリアにも店舗を持っていたもみじ銀行が不良債権を抱えて再建途上であったときに、山口銀行が持ち株会社を作る形で吸収合併し、たちまち西京銀行のライバルになったわけです。そこで西京銀行も山口銀行のエリアであった旧周防国(下関市・宇部市)などのエリアに積極的な進出を行うようになり、ライバル競争が始まったのです。さらにそこへ九州から福岡銀行、西日本シティ銀行が本州に上陸してくる状態であり、山口県は本当に激しい銀行同士の争いが起こっているのです。